会津正宗(あいづまさむね)

  • 御物
  • 刀 無銘 相州正宗 (名物:会津正宗)
  • 宮内庁蔵
  • 長さ 2尺1寸5分余(65.2cm)
  • 反り 4分4厘(1.36cm)

 

 

会津正宗は相州正宗作の刀で、「享保名物帳」に所載する。もと会津城主:蒲生氏郷が四百貫で求め、埋忠寿斎に金具を作らせている。氏郷の嗣子:秀行が慶長17年(1612)5月14日に早世すると、その遺物として徳川家康に献上した。それを尾張藩主:徳川義直に与え、義直はまた将軍:秀忠に献上した。秀忠が寛永9年(1632)正月没すると、その遺物として再び義直に贈られた。ただしその日付については、正月25日説と、2月26日説とがある。
義直の子:光友が元禄6年(1693)4月25日隠居すると、同月28日、その挨拶として将軍に献上した。会津正宗は徳川家より明治12年12月30日、大久保一翁の取り次ぎで、有栖川宮熾仁親王に献上された。明治18年さらに明治天皇に献上され、爾来、御物となっている。会津正宗の刃長について「享保名物帳」には2尺1寸6分(約65.4cm)とあるが、将軍家「御腰物台帳」には2尺1寸5分余(約65.1cm)のほうが、原寸に合致する。

名物帳には「御物 会津(正宗) 磨上 長さ弐尺壱寸六分 代不知 表裏樋。会津を領す蒲生飛騨守氏郷卿代四百貫に被求、秀行卿へ伝(う)。家康公へ上る、尾張大納言義直殿へ被進、秀忠公へ上る。又為御遺物御拝領。又源慶老御隠居之刻上る。」

徳川将軍家の御腰物台帳には、「無銘会津正宗 御刀 長二尺一寸五分余(約65.1cm)
元禄六酉年(1693)四月廿八日、御隠居之時、尾張大納言様(徳川光友)上る。
是者、会津城主蒲生飛騨守氏郷所持。秀吉(豊臣)江伝江、権現様(徳川家康)江上る。尾張殿(徳川義直)江被遣。御隠居之時、常憲院様(五代将軍綱吉)江上る。
此御刀、明治十二年十二月三十日、有栖川宮(威仁親王)江被為進。但し大久保一翁殿(元老院議員)取扱なり。」
鞘書に「元禄六酉年四月廿八日、御隠居御礼之時、尾張大納言殿上」
「駿府御分物帳」には、中之御腰物に記載がある。
「一 正宗 あい津より(蒲生秀行)」

形状は、鎬造、庵棟、元先共に身幅が広く、やや大切先で反りは浅く、鎬幅が狭いが鎬筋は高い。地鉄は、指表は大板目流れ、肌立ち、裏は小杢目つまる。刃文は表は小のたれごころの広直刃、小足入る、裏は4.5cmから4.8cmくらいおきに大きい尖刃交じり、刃中はほつれて荒沸がつき、棟焼が二三個所ある。帽子は、掃掛けて焼詰める。彫物は、表裏に少し樋先の下る棒樋をほり茎先で掻流している。茎は、大磨上、無銘、目釘孔二個、栗尻、鑢目は勝手下りとなる。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

 

(法量)
長さ 2尺1寸5分余(65.2cm)
反り 4分4厘(1.36cm)
元幅 9分8厘(2.96cm)
元重ね 2分(0.6cm)