赤木柄短刀(あかぎづかたんとう)

  • 指定:重要文化財
  • 赤木柄短刀
  • 箱根神社蔵

 

 

赤木柄短刀は曾我兄弟の兄:十郎祐成の短刀で、仇討ちの直前、暇乞いに行って、箱根権現の別当:行真からもらったもので、もと木曾義仲家重代で、「微塵」という異名のついた鞘巻きだった。源頼朝のもとに人質としていく義仲の嫡子:義高が、箱根権現に奉納したものという。また、弟:五郎時政が敵の工藤祐経からもらって、それで止めをさしたという。現在、刀身は腐朽が甚だしく、その作風はまったく窺えない。柄や鞘はもと紫檀製で、木理が美しかったが、現在はほとんど失われている。江戸時代に、兄弟の孝心を追慕する人たちが、なにがしかのお布施を包むと、寺僧が木の部分を削ってあたえたので、現在の姿になったという。金具は柄に縁と頭、鞘に鯉口、胴金、小柄が残っている。四分一に波と花菱の精巧な彫刻がある。頭と小柄には梅花をほり、金着せとなっている。
赤木柄とは赤木で作った柄をいう。赤木とは財質の赤い木の総称で、刀装には蘇芳(すおう)・花櫚(かりん)・紫檀(したん)などを用いる。柄には鮫皮を着せず、中ほどに筒金をはめる。縁頭は脱着しやすいので、木屎を漆で練ったもので固定する。赤柄ともいう。
赤木柄短刀は、金具赤銅波文地、柄・鞘は堅木、総長26.4cm

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)