髭切(ひげきり)

  • 指定:重要文化財
  • 太刀 銘 国綱 (名物:髭切・鬼切)
  • 北野天満宮蔵
  • 長さ 2尺7寸8分5厘(84.4cm)
  • 反り 1寸2分厘(3.6cm)

 

髭切は源氏の重宝だった太刀の異名で、髭切・髭切丸ともいい、由来については二説ある。
「平治物語」の説では、源義家が奥州の安倍氏討伐のとき、捕虜10人の首を斬った。いずれもくち髭もろとも切り落としたので、髭切の異名をつけた。平治の乱に敗れた源頼朝は、東国へ落ちていく途中、髭切を美濃の青墓の長者:大炊に預けておいた。やがて関ヶ原で捕らえられ、髭切のことを尋問されると、大炊のものとに預けてあると答えた。
難波経家が大炊のもとに行くと、大炊は泉水の太刀と中身をすり替えて、経家に渡した。京都に持ち帰り頼朝に見せると、髭切に相違ない、と偽証した。平清盛は大いに喜び秘蔵していたが、やがて朝廷に献上した。その後、真の髭切は大炊から献上したという。しかし、頼朝が関ヶ原で捕われた時、佩いていたので、さっそく取り上げた、という異説や、頼朝が建久元年(1190)入京した時、後白河法皇より拝領した、という異説もある。
「剣巻」の説では、多田満仲が日本の鍛冶に造らせてみたが、思いに叶うような刀を得られなかった。筑前国三笠郡土山にきていた異国の鍛冶を、京都に呼んで造らせた。それが八幡大菩薩に祈り、60日かけて打った二振りのうち、在任を試してみて、一刀はあご髭もろとも切り落としたので「髭切」、もう一刀は膝まで切り落としたので「膝丸」と命名した。満仲の嫡子:源頼光の家来で、四天王の随一といわれた渡辺綱が、これで鬼の手をきりおとしたので、「鬼丸」と改名した。
頼光はこれを三男:頼基に与えていたが、頼光の甥にあたる源頼義が、奥州の安倍氏討伐に赴く時、朝廷で頼基より召しあげ、頼義に賜った。頼義より義家ー為義と伝わった鬼丸は、夜になると獅子の吼えるような音を出すので、「獅子の子」と改名された。膝丸は為義の婿になった熊野の別当:教真に贈られた。為義はその代わりに、播磨鍛冶に寸分違わぬものを作らせ、柄に小烏の目貫を入れ、「小烏」と命名した。
二刀を抜いて障子に立てかけておいたところ、人も触らないのに倒れてしまった。見ると小烏が今まで2分(約0.6cm)ほど長かったのに、同じ長さになっていた。中心を脱いてみると、中心先が2分ほど切り取られていた。これは獅子の子の仕業に違いないと言うので、獅子の子を「友切」と改名した。為義から義朝に譲られ、義朝は平治の乱の時、三男の頼朝に佩かせていた。
戦い敗れて東国へ落ちる途中、八幡大菩薩より友切という名が悪い、という示現があったので、もとの髭切という名に戻した。父と別れた頼朝は、自分は斬られても髭切だけは平家の手に渡したくない、というので、江州草野の庄司に頼み、熱田神宮に奉納した。成人した頼朝は治承4年(1180)、平家討伐の軍をおこすと、さっそく熱田神宮から髭切を返してもらったという。しかし、以上の記述は後人の創作であって、実説でないことは明白である。
髭切の作者についても、上述の異国鍛冶や泉水のほかに、異説が多い。文寿・元寿・行重・実次・諷誦など、奥州鍛冶が圧倒的に多い。そのほかは、美濃の外藤、備前の四郎兵衛尉・筑前の正応などの名も挙げられている。なお、元寿は漢国の鍛冶とか、筑前国土山にいた鍛冶は実次とかいう異説もある。さらに文寿が髭切を打った所は、出羽国置民郡小越村小菅(山形県米沢市上小菅)の誕生川の所、とする説さえある。誕生川はもと太刀打ち川と呼ばれ、落合に源を発する、その支流が、京塚において県道と交差する。そこの橋を多切橋という。そこに明治34年、文寿の碑を建てた。
青墓の長者は泉水の太刀と取り替えて、髭切を平家に渡した、とする説のほかに、外藤に模作させたものを渡した、とする古剣書の説がある。しかし、難波経家が受け取りに来たのが真実ならば、経家の兄である経遠と経房は、ともに刀を作ったとされている。すると、経家も刀剣には明るかったはずである。古い髭切と、今出来の外藤との区別がつかなかったはずはない。古剣書に、源頼朝が建久元年(1190)、上京の途中、外藤に刀を打たせた、という説がある。髭切の模作説は、この頼朝の注文打ちと混同したものと見るべきである。
髭切は刃長2尺7寸(約81.8cm)、と「剣巻」にあるが、それは信じ難い。外装は柄・鞘とも円作り、つまり黄金作りだったとあるのは、信じてよかろう。
曽我兄弟の仇討ちの時、源頼朝は騒ぎを聞きつけ、髭切を抜いて出ようとしたところ、一法帥丸に止められたという。その後の伝来については諸説がある。頼朝のあと、安達泰盛に伝来。泰盛が弘安8年(1285)、北条貞時に殺された時、焼け身になった。貞時はそれを行次に焼き直させたが、将軍の願いにより鎌倉の法華堂に納めたという。
これに対して、頼朝と義兄弟にあたる足利義氏に、伝えられたという説もある。義氏はこれを次男の泰氏に譲った。泰氏は三河国吉良庄西尾に居城していた。城内の八幡宮に髭切を奉納したので、剣八幡宮と呼ばれていた。ただし、奉納したのは義氏という異説もある。泰氏の兄:長氏の子孫にあたる今川了俊が、建徳2年(1371)、鎮西探題になり九州に下向する時、髭切の目貫を申しうけ、以後、同家の家宝になった。髭切は盗難にあい、現在、剣八幡宮にはない。
しかし、足利将軍家に伝来したという説もある。足利義教が嘉吉元年(1441)3月23日、伊勢神宮へ参拝した際、袋に入れて携行していた。折悪しく大雨落雷があったので、髭切を忘れていったという。すると、剣八幡宮から申す請けたことことになるから、同社にないのは当然である。足利将軍家における髭切について、その後の消息はまったく不明である。
他に保科家の業物の異名に髭切がある。天文14年(1545)、信州高遠城主:仁科氏は、武田信玄に降伏したが、信州佐久郡志賀(長野県佐久市志賀)の領主:志賀平六左衛門は降伏しないので、信玄は志賀に軍を進めた。しかし、戦わずして勝つことを考え、仁科家の家老:保科筑前守正俊が、平六左衛門と面識のあるのを利用して、平六左衛門の殺害を命じた。
筑前守は志賀の町に入り、角屋の蔀の陰に隠れ、平六左衛門の来るのを待っていた。平六左衛門が部下を指揮するため、馬に乗ってやって来た。筑前守の家来:北原彦右衛門が踊り出て、薙刀で馬の腹を突いた。馬から平六左衛門がとび下りたところを、筑前守が兜の錣めがけて斬りつけた。錣から首、さらに平六左衛門が自慢の髭まで切り落とした。
それを信玄に報告すると、その太刀を髭切と命名してくれた。献上致します、と言うと、その方の重代にせよ、といった。刀は基重の作、とあるが、長船元重の誤りであろう。筑前守に大宮盛景を与えて賞するとともに、信玄の直臣にとり立てた。武田家滅亡後は徳川家康に仕え、明治まで上総国周准郡飯野(千葉県君津市飯野)、二万石の領主だった。

鬼切は鬼を切ったという古名剣で、ただし、その作者や所持者については異説が多い。
伯耆安綱説は、源頼光が鬼を切った安綱の太刀とする説は、古剣書のうちでも室町初期以前のものに見られる。古剣書には単に「鬼」とあるだけで、具体的な記述を欠くが、「太平記」には詳記されている。もと坂上田村麿が伊勢神宮に奉納したものを、源頼光がもらい、さらに渡辺綱に与えた。綱はこれで妖怪のこと母を退治した。酒呑童子討伐のときの刀も、これだったともいう。しかし、頼光自身が鬼を斬ったとする異説もある。その後、多田満仲がこれで信州戸隠山の鬼を切ったので、「鬼切」という刀号がついた。
「太平記」をみると、新田義貞は討死のまえ、これを日吉神社に奉納したことになっているにもかかわらず、討死のときもこれを佩用したことになっている。すると、「梅松論」にあるとおり、鎧を奉納した、とする方が正しい。義貞が討死にすると、寄せ手の大将:足利高経がこれを分捕った。足利尊氏から提出命令がきたのに、焼失した、と虚偽の報告をした。尊氏は怒って義貞撃滅という大功をたてたにもかかわらず、恩賞を与えなかった。それがのち高経が尊氏に叛く一因ともなった。
大原実盛説は、伯耆の鉄山に伝わった伝説では、大原実盛が同国日野郡俣野の鉄で作ったものという。実盛は真守の誤記である。
大和行平説は、渡辺綱が京の一条戻り橋、または村雲の橋で鬼を切った、という。ただし場所を明示しないものもある。
河内有国説は、これも渡辺綱が切ったというだけで、場所の記述はない。
舞草雄安説は、源義家が奥州征伐のさい、院宣をうけて雄安に作らせたもので、のち足利氏の先祖:義国が相伝した、という。しかし、「鬼切」と命名の由来は記されていない。
奥州真国説は、「鬼切」を平家の重宝としているが、源氏の誤りでなければならぬ。
奥州武里説は、宮城郡住人竹里の作というだけで、所持者など不明。
奥州幡房説は、幡房を雄安同人とする説によったもの。
奥州実次説は、「鬼切」を髭切・膝丸・薄緑と同一物とし、実次の作とするもの。これは「平家物語」剣巻に拠ったものであろう。
備前正恒説は、鬼切丸とよんでいるが、由来は不明。
筑後利延説は、源頼光が酒呑童子を斬った太刀、という。
粟田口国綱説は、遠藤左衛門所持というほか不明。
相州正宗説は、大内義長が自害のとき、大内家重代のこの刀で、杉民部大輔が介錯した。
以上の諸説のうち、伯耆安綱作で、源頼光所持という説は、享保名物の「童子切」を指しているようである。しかし多田満仲を祀った兵庫県川西市の多田権現に、昔から「鬼切丸」という神宝が伝わっていた。すると、「童子切」ではないことになる。なお、寛永3年(1626)11月13日、後水尾天皇に第一皇子が出生されたので、将軍家光は翌月4月、誕生祝いに「鬼切丸」を献上している。しかし、それは本阿弥家に預けてあった「鬼丸」の誤りである。
出羽の豪族:最上家にも、「鬼切丸」と称する太刀が伝来していた。最上家は出羽の豪族だったが、江戸期になると五千石の旗本に衰微していた。同家が明治2年、新政府に提出した調書によれば、多田満仲から源頼光に、さらにその正嫡:頼国に伝来していたものを、源義家が蝦夷征伐に赴くとき借りてゆき、そのまま義家の子孫に伝わった。一時、箱根権現に奉納されていたこともあったが、それを源頼朝がもらい下げた。そして後、最上家に伝来していたものという。
享保17年(1732)11月、将軍吉宗の命で上覧に供した。それ以後は、当主が旅に出ると駕籠のまえに、「鬼切太刀」と書いた立て札をたて、刀櫃にいれ担いで行った。ただし中身は万一の事故を慮って、模造した代剣になっていた。本物は知行地、つまり今の滋賀県八日市市大森の八幡宮に預けてあった。明治2年12月には明治天皇の叡覧も賜った。
そのとき本阿弥光品は、銘は「国綱」と読めるが、伝来どおり安綱だ、と鑑定した。その後、最上家をでて転々としていたので、明治13年、当時の滋賀県権令:籠手田安定の首唱で、寄付を募って購入し、京都の北野神社に奉納した。昭和2年国宝認定。刃長2尺7寸9分2厘(84.6cm)。銘は「安綱」とあったものに、「安」の両側に縦線を加え、「国綱」に改竄している。
鹿児島の島津元公爵家にも、「鬼切」と号する伯耆安綱の太刀があった。刃長2尺4寸8分(約75.2cm)。現在は重要文化財。
肥後国阿蘇郡小国郷(熊本県阿蘇郡小国町)の豪族:北里家伝来の鬼切丸は「安綱」と二字在銘。長女はそれのお守りで、次の代の長女が生まれるまで、嫁に行けない掟だった。現在は、鎺上、3寸(約9.1cm)ほどのところから折られ、先は1尺8寸7分(約56.7cm)の脇差になっている。折った理由については、豊臣秀吉が島津征伐のさい、石田三成を使者にして提出を求めてきた。北里三河入道は頼光より伝来の宝刀を、草履取り上がりの秀吉ごときに渡せぬと、叩き折ったとも、朝鮮出陣か島原の乱のさい、脇差にするため磨り上げた、ともいう。後説が正しいはずである。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺7寸8分5厘(84.4cm)
反り 1寸2分厘(3.6cm)
元幅 1寸1分2厘(3.4cm)
先幅 6分6厘(2.0cm)
元重ね 2分3厘(0.7cm)
先重ね 1分9厘(0.58cm)
鋒長さ 8分9厘(2.7cm)
茎長さ 8寸6厘(24.5cm)
全長 3尺5寸8分(108.4cm)