池田正宗(いけだまさむね)

  • 指定:重要文化財
  • 刀 (金象嵌銘) 正宗磨上 本阿弥(花押)(光徳) (名物:池田正宗)
  • 徳川美術館蔵
  • 長さ 2尺2寸1分(67.0cm)
  • 反り 6分(1.8cm)

 

 

池田正宗は相州正宗作の刀で「享保名物帳」に所載する。初め伊達政宗が千貫で求めたが、のち「日向有馬修理殿」に売ったという。しかし、日向国延岡城主となったのは、有馬修理大夫晴信ではなく、その子:左衛門佐直純であった。晴信はまたこれを因州鳥取城主:池田備中守長吉に売った。池田長吉は信輝の子、秀吉の養子となり、朝鮮の役にも参加する。関ヶ原合戦には東軍に所属し、戦後、鳥取に封ぜられ慶長19年9月24日に45歳で没す。長吉は本阿弥光徳に金象嵌入れを命じた。光徳は埋忠寿斎に頼んで、慶長12年(1607)12月、「正宗磨上 本阿弥(花押)」と金象嵌を入れた。将軍はこのことを聞いて、千貫で召しあげた。
慶安元年(1648)8月、将軍家光が尾張家を訪ねたとき、池田正宗を藩主:義直に贈った。尾張家では慶安3年(1650)、池田正宗を本阿弥家に見せ、二百枚の折紙を付けさせた。義直の嫡子:綱誠が元禄6年(1693)4月、家督を相続すると、前藩主:光友から家臣玉置市正を使者として、池田正宗と奈良屋貞宗を大小にして譲られた。14代:慶勝も池田正宗と物吉貞宗を大小にして差料にした。鮫黒勝色糸柄蝋色塗鞘打刀拵が附帯する。

名物帳には「尾張殿 池田(正宗) 象嵌銘 長さ弐尺弐寸弐分 代金弐百枚
表裏樋。元伊達政宗卿千貫に御求(め)又同代に御払(い)。池田備中守殿御求(め)、秀忠公又々千貫に被召上。尾張殿拝領と見へ御家に有之、故大納言殿御時分より有之子細(は)不知。慶安三に究る。」
埋忠銘鑑には、「池田備中殿 慶長十二年十二月ニ寿斎さうかん入申候」とある。

尾張徳川家における記録では
・御腰物請取・払方帳(元和七年-寛永十五年)
一 同日(寛永十三年九月廿一日御成之時)正宗御腰物 同断(公方様より御拝領) 代金百五拾枚(寛永13年9月に三代将軍家光より尾張初代義直が拝領する。)
・鞘書
「仁二ノ拾参(仁2-13)」 名物池田正宗御刀 象眼太刀銘 長弐尺弐寸弐分

形状は、鎬造り、庵棟、表裏に幅広の掻き通しの棒樋があり、樋先上がって肩いかる。添樋が中心に残る。大磨上で身幅広く切先延び、雄大な造込みである。鍛えは、板目つみ、地沸えよくつき、大模様の肌まじる。地景入り、映り心がある。刃文はのたれに小乱れ交じり金砂のごとき小沸えつき、金筋、稲妻など盛んに入って砂流し掃ける。湯走り、飛焼きなどがある。鋩子は表裏とも烈しく乱れ込み先掃ける。中心は大磨上げ、目釘孔一。銘は金象嵌にて「正宗磨上」「本阿弥花押」とある。花押は本阿弥光徳である。
池田正宗は一見して相州上工に見える健全な名刀である。形に豪壮さがあふれ、相州物の典型と言うべきもので、作風は貞宗に相通ずるところがある。なお戦場往来を物語る大きな刃こぼれが、中程より三寸くらい下にあるのも、感興をそそられるものである。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺2寸1分(67.0cm)
反り 6分(1.8cm)
元幅 1寸(3.0cm)
先幅 8分5厘(2.8cm)
元重ね 2分3厘(0.76cm)
先重ね 2分(0.66cm)
茎長さ 6寸5分(19.7cm)