南泉一文字(なんせんいちもんじ)

  • 指定:重要文化財
  • 刀 無銘 一文字 (名物:南泉一文字)
  • 徳川美術館蔵
  • 長さ 2尺0寸3分(61.5cm)
  • 反り 6分(2.0cm)

 

 

南泉一文字は備前一文字作の刀で「享保名物帳」に所載する。もと足利将軍家の蔵刀で、研ぎに出してあった時、壁に立てかけてあるのに、猫が飛びかかり、真二つになったので「南泉」という異名がつけられた。唐代の禅僧:南泉善願が経山寺にいた時のこと、東西両堂の小僧たちが、猫の子を取りっこしていた。南泉がその猫の子をつまみあげ、この意味が解らねば切るぞ、と言ったが、誰も解し得なかったので、猫の子を切ってしまった、という故事に因んで、南泉と名付けたものである。
豊臣秀吉が入手し、大坂城の一之刀箱に入れてあった。本阿弥光徳は押形を採り、「ないせん」と注記している。秀頼が慶長16年(1611)3月28日、京都の二条城において徳川家康と会見のさい、家康は左文字の刀と鎬藤四郎の脇指を贈り、秀頼は南泉一文字の刀と左文字の脇指を家康に贈った。家康は南泉一文字を尾州の徳川義直へ与えた。のち二代将軍:秀忠に献上したが、秀忠はまた義直へ贈った。義直が平岩弥五助に試させたところ、あまりに切れすぎ、地面まで切れ通ったので、弥五助は刀が折れたと早合点、「折れました」、と叫んだほどだった。尾州家の二代:光友、三代:綱致、十六代:義宣らは、これを差料にしていた。八代:宗睦は家臣に命じて、「南泉一文字記」を書かせた。延享3年(1746)には、城下の研師:竹屋九右衛門にこれを研がせた。その後は継ぎ研ぎだけで、今日に至っている。
梨子地刻小サ刀拵・蠟色金霞小サ刀拵、さらに金襴包刀拵が付属する。

「名物帳」には、「尾張殿 南泉(一文字) 磨上 長さ弐尺参分 無代
昔此刀にて猫を切たる事有之。依(て)名付(く)。経山寺に南泉と云僧有。一日東西両堂猫児をあらそう。南泉猫児をひつさげ立て両堂の僧に向て此心さとりたらば切(ら)んとなり。僧等無答、故(に)南泉猫児を切て二つにせられたり、碧巌伝燈録に記す。秀頼公の御物なり。慶弔1十六(年)三月廿八日二条之御城へ渡御の節 家康公へ被進、尾張殿へ御伝へ、秀忠公へ上る、又拝領。」
「南泉一文字記」には、「室町家、軍府ニ在ルノ日、工ニ命ジテ之ヲ礪ガシム。壁ニ挂クルノ際、一猫児有リ。跳ッテ刃ニ触レ、断タレテ両段トナル。驚異シテ以テ神物ト為シ、乃チ南泉ト号ス。蓋シ之ヲ普願禅師、猫ヲ斬ルノ話ニ取ルカ」

尾張徳川家における記録では
・豊臣家御腰物帳 御太刀御腰物御脇指太閤様御代より有之分帳 一之箱
一 なんせん刀 慶長十六年三月廿八日 大御所様へ被進
・駿府御分物刀剣元帳 上々御腰物帳(元和4年) 上之御腰物
一 なんせん 一文字 秀頼より
・御腰物御脇指帳(慶安4年)
一 同断(御指料) 南泉一文字御少刀拵 和に作鞘志ととめ斗(略)
・鞘書
「仁壱ノ六十五(仁1-65)」 名物南泉一文字御脇指 無銘 長弐尺三寸分半

形状は、鎬造り、庵棟、大磨上で、反り浅く、小切先猪首ごころとなる。鍛えは、小板目つみ、鮮明な乱れ映りが見事である。刃文は、大房の重花丁子乱れ、匂い足が盛んに入り絢爛たる出来である。鋩子は、浅く乱込み僅かに返る。茎は、大磨上げ、目釘孔三、無銘。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 長さ 2尺0寸3分(61.5cm)
反り 6分(2.0cm)
元幅 9分5厘(2.8m)
先幅 7分(2.3cm)
元重ね 2分(0.6cm)
先重ね 1分5厘(0.45cm)
茎長さ 5寸2分(15.5cm)