獅子王(ししおう)

  • 指定:重要文化財
  • 太刀 無銘 大和物 (号:獅子王)
  • 東京国立博物館蔵
  • 長さ 2尺5寸5分(77.3cm)
  • 反り 8分9厘(2.7cm)

 

 

獅子王の号をもつ太刀として古くから伝えられ、その名称の由来は不詳である。源頼政が二条天皇を悩ませた鵺を射て退治したとき、その賞として鳥羽天皇から宮中に伝わった獅子王の太刀を賜ったと「源平盛衰記」に記されている。獅子王丸とも、鳥羽天皇より相伝とも、一条天皇のとき造らせたもので、鞘に獅子の螺鈿があるなど諸説がある。作者については、平安時代後期の大和物とされているが、豊後定秀とも、備前実成ともいう。その後の伝来については、但馬国竹田城主:斎村政広が頼政の後裔で、同家に伝わっていた。
政広は関ヶ原の役のさい、因州鳥取の城下を焼き払った罪により、徳川家康より、自殺を命ぜられた。獅子王は家康が没収し、のち拝謁にきた土岐頼次が頼政の子孫というので、頼次に与えた。本阿弥光徳や光瑳もそれを拝見したと、本阿弥光甫に語ったという。明治になって土岐家から皇室に献上され、現在は東京国立博物館蔵となっている。

姿形は、細身で、鎬筋が高く、腰反りが強く、先にいって伏しごころとなる。地鉄は、板目肌が肌立ちごころに、鎬地が強く柾目肌となり、白け映りが鮮明に立つ。刃文は、刃文は、区上で焼き落とし、直刃、匂口締まる。

黒漆太刀拵は、平安時代後期の源平の武士たちが腰にする様式であった。反りが高く、全体を薄く特に石突が細くなる。柄は鮫皮包み、鞘は黒漆、金具は山銅ですべて黒漆塗り、目貫は丸に三巴紋であり、目釘の頭が目貫と一体となる古様式である。鐔は練革木瓜形四方猪目透かし、大切羽は銅木瓜形、帯取は茶革、渡り巻は緑錦包、黒糸巻、二つの足金物の間隔が広く、石突と責金の間隔が狭いのは平安末期から鎌倉時代の特色である。拵は総長3尺3寸8分(102.5cm)、柄長6寸(18.3cm)となる。

ほかにも獅子王と称するものがあり、大隅の旧族:廻氏は頼政の子孫といわれ、獅子王とともに、鵺に止めを刺した金剛剣を伝承していた。後裔の廻頼次は寛文13年(1673)、同国曽於郡福山郷福山(姶良郡福山町)の神社に奉納した。刃長7寸4分(約22.4cm)、樋をかいた無銘の短刀という。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺5寸5分(77.3cm)
反り 8分9厘(2.7cm)
茎長さ 5寸(15.3cm)