大和守安定(やまとのかみやすさだ)

  • 新刀上作
  • 良業物
  • 武蔵国 (埼玉県・東京都・神奈川県-東部)
  • 江戸時代前期 慶安頃 1648-1651年頃

 

 

大和守安定は紀州石堂派の出身の刀工で、姓は「トンダ」で、飛田とも冨田とも書く。宗兵衛と称し、初め、大和大掾、のち大和守を受領する。大和大掾時代、紀州石堂派の和歌山住冨田安広との合作刀がある。江戸に出てからは、越前康継とも合作している。
明暦元年(1655)には、伊達家の招きで、奥州仙台にくだり、奉納刀を打っている。安定には寛文10年(1670)、53歳の作がある。江戸の神田白銀町(千代田区神田旭町・司町)に居住した。刃の合いを取るのが上手だったため切れ味が良く、山野加右衛門の截断銘の入ったものが多くあり、なかには、「天下開闢以来五ツ胴落」、と切ったものさえある。しかし、山田浅右衛門は「良業物」としか評価していない。これは、合いを取った刀は、当初よく切れるが、年数を経ると鉄が甘いため、切れが鈍るという説を実証しているようである。「二代目安定銘之」、と切った脇差があり、これは初代が27歳のとき出生した飛田宗太夫安次が襲名したものである。作風は、反りの浅い、先細りの剣形で地鉄は杢目詰まって強く、地沸えつき、棟焼きが多い。刃文は小沸出来の湾れ、または互の目乱れをやく。
合いを取るとは、焼戻しの一種で焼き入れした刀身を軽く熱した後に冷却する操作で、焼き戻しによって、靱性つまり粘り気が増し、折れ曲がり難くなり、切れ味も良くなる。
安定には「五つ胴落とし」、つまり人体を5体重ねて斬ったという刀がある。山野加右衛門永久が64歳に及び、初めて行ったもので「万治四年辛巳年二月十弐日 天下開闢以来五ツ胴落 永久六十四歳始切之」と金象嵌を入れている。参考までに、重ね胴落としの最高は関の兼房作の刀で「七つ胴落とし」があり、「七ツ胴落 延宝九年二月廿八日 切手中西十郎兵衛如光(花押)」と金象嵌がある。

「新刃銘尽」に「大和守安定は江戸神田白銀町に住すといへり、一代鍛冶なり云々」とあるように、安定は江戸の神田で鍛刀していた鍛冶である。安定の出身については、従来越前説9割、紀州説が1割で、圧倒的に越前説が強く、刊本で紀州出身説を主張したのは「新刀弁疑」只1冊のみである。その他には門弟の関係からか「鍛冶備考」が奥州出身説をとっていたが、紀州説、奥州説は極く一部で説かれているにすぎない異説であった。しかし近来相ついで新資料が出現し、安定が紀州出身であることがほぼ間違いないと認められるようになり、「新刀弁疑」で鎌田魚妙の言っていたことが立証された。
脇指「紀州和歌山住安広造 大和大掾安定作」が残されており、造られたのは慶安元年から慶安2年の始めころにかけての間ではないかとおもわれる。安定と安広の師弟関係については、作風が類似しているだけでなく、安定の本名が冨田宗兵衛で、その姓からしても安定が紀州石堂派の鍛冶である可能性が強いとおもわれていたところに、紀州石堂の代表者であった安広と合作の脇差が出現したことによって、安定が紀州牟婁郡富田村の出身であったことはほぼ間違い無いとおもわれている。おそらく安広との師弟関係もあったと考えられる。
太刀「奉納御太刀冨田大和守安定於武州作之 大日本国補(陀)落山薬師寺 慶安弐年己丑九月十八日」は安定が郷里の粉河寺山内の薬師寺に奉納した太刀で、おそらく「大和守」受領の感謝の念を籠めての奉納であったのであろう。制作年紀のあるものではもっとも時代が遡る作である。銘文によって、安定が紀州と無縁の刀工でなかったこと、安定が江戸に出たのは、すくなくとも慶安2年あるいはそれ以前であることがはっきりしており、脇差で「大和守安定」と銘したものに、金象嵌で「截断二ツ胴山野加右衛門(花押)慶安元年十二月廿一日」と入れたものがあるので、この二本の作例によって安定の江戸出府が慶安元年以前であることが明らかになっている。
安定は富田宗兵衛と言っている。銘には飛田宗兵衛と切るものがあり、三代康継との合作に「(葵紋)康継以南蛮鉄於武州江戸、下坂市之丞作之、飛田大和守宗兵衛尉安定、須藤太郎左衛門盛氏所蔵」と切っている。
安定の生年については「大和守安定行年五拾三歳作之、寛文十暦八月日」と銘した作例があるので、逆算すると元和4年(1618)の生まれであることが明らかである。
安定は師の安広が紀州藩を致仕してほどなくであろうとおもわれる時期に「大和大掾」を受領しており、合作の脇差には「大和大掾安定」と銘しているが、慶安元年の作には「大和守安定」と切っているから、この間に「守」に転じたものとおもわれる。
安広が紀州藩を致仕してから、安定、安重は師とともに江戸に出ているが、その時期は正保元年の間であったことは間違いが無く、安定が慶安元年に出府したとすれば31歳。おそらく30歳前後で江戸に出たのであろう。江戸に出てから安定は和泉守兼重、越前康継あたりに師事したとみえて、江戸出府以降の作風には紀州石堂風よりも兼重、康継の影響とおもわれるものが強く認められるようになっている。

 大和守安定とその弟子で仙台藩工であった安倫の合作に「武州江城住大和守安定 奥州仙台住安倫(裏に)仙台住人山野加右衛門尉永久監之」と銘した刀が違存する。安定・安倫両人合作の銘文に加えて、山野加右衛門尉永久がこの一刀を監督すると銘しているところから、安定・安倫・永久ら三者の浅からぬ関係が窺われ、さらに永久が「仙台住人」と明示していることを考え併せれば、遠く仙台から安倫を安定の許に入門させたのは、同国出身の山野加右衛門尉永久の斡旋によるものといわれている。
 また、大和守安定は明暦元年(1655年/承応4年4月13日改元)、仙台藩二代藩主:伊達忠宗公の招きにより陸奥国仙台を訪れて鍛刀を行っている。明暦元年は伊達政宗公の二十回忌にあたり、それに招かれたもので忠宗公の命により奉納刀を作刀している。同年4月17日に徳川家康公を祀る仙台東照宮、5月24日に伊達政宗公の瑞鳳殿(政宗廟)と各人の命日に大和守安定が弟子達とともに鍛えた巨刀を奉納している。忠宗公の大和守安定招致、奉納刀の制作依頼についても、奉納刀2振の銘文に山野加右衛門尉永久の名が刻まれていることから、彼の関与があったことは明白であろう。これら奉納刀の巨刀は仙台東照宮のものは冠落し造、瑞鳳殿(政宗廟)のものは平造となっており、金梨地家紋蒔絵鞘合口拵が附帯する。目釘の形状が特殊となっており、長形の目釘孔は区に近く、鎺をいれるとその下に目釘分だけ顔を出す。拵では縁の位置にあたり、縁金具の紋が目釘の頭となっており、柄には目釘孔が無いように見える。奉納の為の作刀には、刃をつけず、目釘孔も入れないという形をとり入れながら、保管の面を考慮した一形式となっている。それぞれの銘文は下記の通りとなる。

脇指 長さ 1尺8寸7分(56.7cm) 反り 6分(1.8cm) 仙台市博物館蔵 (秋六五)
(表)奉献巨刀一腰奥州宮城郡仙台郭東照宮御宝前
明暦元年四月十七日
(裏)武州江城住人冨田大和守安定作之
到當所仙台以奉寄進之弟子安幸安家助之
當所人山野加右衛門尉定兵之模様長短大小

脇指 長さ 1尺8寸2分(55.1cm) 反り 4分(1.1cm) 瑞巌寺蔵
(表)奉献巨刀一腰奥州宮城郡仙台城下
前州主黄門貞山利公御廟前
明暦元年乙未五月廿四日
(裏)武州江城住人冨田大和守安定
到當所仙台作之以奉寄進之弟子安次安倫助之
當所人山野加右衛門尉定兵之模様長短大小
(棟)切物奥州仙台住 家定作

 伊達家蔵刀に大和守安定の作は多く「剣槍秘録」にもいくつかみることができる。なかでも「剣槍秘録」巻二の一五に記載される伊達忠宗公の佩刀は、刃長2尺5寸5分(約77.3cn)の長寸で「四つ胴」落としの業物であったという。
また、三代藩主:伊達綱宗公は万治元年(1658)に19歳で家督を継ぐが、酒色に溺れて藩政を顧みない暗愚な藩主であった為に、万治3年(1660)に幕府より21歳で隠居させられる。大井の伊達邸において初め大和守安定に鍛刀の業を学び、仙台より藩工の安倫を召し寄せて相槌をさせて、ともに刀を鍛えたという。「武蔵国於品川仙台国主綱宗作」「綱宗造」などと銘する慰打ちが遺されている。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)