私は東京都に在住していますが、田舎は岩手県遠野市になります。父が遠野で一人暮らしをしていたのですが数年前に他界しました。いまは誰も住んでいない田舎の家になりますが、私が連休などの休みをみつけては片付けに行っていました。とはいっても、東京から遠野までは車で行くものですから、おいそれと行けるものではありません。雪の無い季節に年に2~3回やっと行けるという感じでした。車で東北自動車道で約5時間、そこから一般道に降りてから1時間と少し、合計で6時間はかかります。宮城県仙台市辺りまでは気分も軽いのですが、そこから先がはやり長く感じられます。

父は生前は骨董品を収集していました。地元の絵描きの作品など書画もいくつかありました。その中に短刀が数振でてきました。家の土台から出てきた先祖伝来のものだと父には聞いていましたが、長い間そのままにしてあったようでかなり錆が出ていました。抜いてみるとジャリジャリという音がして、刀身の半分くらいは黒い錆が出ていました。ネットで検索してみると刀剣の売買には登録証が必要ということでしたが、案の定それは見つかりませんでした。棄てるわけにもいきませんので、日本刀買取専門店つるぎの屋さんに電話してみると、ご主人が「短刀が錆びていても捨ててしまうのは可哀想だから、登録を取ってください。」というお話しでした。そこで、登録証の新規取得について丁寧に説明してくださいました。発見場所は岩手県ですが、私は東京に在住なもので発見届を取得すれば、つるぎの屋さんも東京都在住ということで、登録手続きは代行してくれるということになりました。つるぎの屋さんが説明してくれた通りに、地元の警察署に電話すると、刀剣を担当する生活安全課の警察官の方が、家に来てくれて刀剣を発見した場所の確認と、刀剣の長さと銘文を記入した発見届を作成してくれました。特に、不安なこともなくにスムーズに手続きが進みました。後日に、刀剣類と発見届を持参してお店に伺うと、登録手続きの委任状にサインして代行をお願いしました。翌月の刀剣審査会で無事に登録できたようで、代金もその日に振り込んでもらえました。登録手続きの手数料は無償ということでしたが、何より私自身が不慣れな登録審査会に代行をお願いしていたもので行かずに済んで気持ちが楽でありました。その後、刀剣はつるぎの屋さんの方でご主人の名義に名義変更して手続きが終了だそうです。短刀も錆びたままでは可哀想ですので新しいお持ち主のもとで輝きを取り戻せることを願います。

【東京都の買取対応エリア】
千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、日野市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、武蔵村山市、多摩市、稲城市、小平市、東村山市、西東京市、清瀬市、東久留米市、青梅市、福生市、羽村市、あきる野市、西多摩郡、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島町、八丈町、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村