いつもお世話になっております。茨城県のSです。私の家には昔から日本刀がありまして、茨城県は剣道が盛んなところなもので私も剣道と居合いを少し嗜んでおりました。そんなところから、私の趣味は日本刀の収集をして、数は多くはありませんで自分の愛刀を夜に時間を見つけては眺めたり手入れをして楽しんでおります。もちろん、観賞用と実際に居合いで振る刀は分けておりますので、少しずつではありますが収集した刀も10振近くなってきました。
つるぎの屋の冥賀さんとは毎秋に東京で行われる大刀剣市で知り合ってからのお付き合いです。つるぎの屋さんで初めて購入した刀は、私の郷土刀になる水戸徳勝の短刀で柾目鍛えがそれは綺麗な地鉄でコレクションの中でもお気に入りの一つとなっています。私も公務員なもので購入するときには何か下取りをお願いしてますが、初めの時から他店で購入したものでも下に取ってくれるのは有難いですね。毎年、大刀剣市に行くとつるぎの屋さんのブースに初めに挨拶に行き、購入した徳勝の短刀の話をして、いまも大切にしていることを伝えるとご主人がいつも本当に喜んでくださいます。ご主人のお話では「刀剣商にとって刀を売るということは、自分の娘を嫁に出すのと同じこと」といつもおっしゃってます。だから、刀身を綺麗な状態にして、嫁ぐ娘に新しい着物を仕立てるように刀袋も良いものに替えてからお客さんに納めているそうです。お客さんのところで刀が大切にされている話を聞くと本当に嬉しいそうで、この方は本当に刀が好きな方なんだなあと思います。
先日、私の居合いの先輩が高齢を理由にお持ちの刀剣を手放すという相談を受けました。お子さんはご子息もいらっしゃるのですが残念ながら刀に興味が無いということでした。まだ誰にも話されていないそうで、私に初めに相談されたそうで、先輩は私に全てを引き取ってもらえればということでしたが、本数もかなりの数なので金銭的にも無理と説明しました。すると、先輩は金額よりも大切にしてくれる人に譲りたいということであったので、私の方で居合いに使えそうな刀を2本ばかりは譲ってもらうことにしました。しかし、それでも残った刀も結構な数であったので、これはプロの刀剣商の方に相談してみなければという結論に至りました。
茨城県内の刀剣商さんを探してみようと思いましたが、茨城県内には刀剣商は意外と少ないです。そこで、早速につるぎの屋さんに電話で相談してみると快く引き受けてくれました。後日に、私が先輩から刀を預かって東京のつるぎの屋に見てもらうと、居合に使用していた刀なので、物打ちの辺りには複数のヒケ傷があるのが多いので値段的にも安くなってしまうと先輩とも話していました。しかし、長めの刀はやはり居合をする方に需要があり、試し切りをする方はどうしてもヒケ傷が入ってしまうので現状でもそれほど減額にはならないということでした。買取の金額も私と先輩の予想よりも高額であったので、先輩に良い報告をすることが出来て嬉しく思いました。

【茨城県の買取対応エリア】
水戸市、日立市、土浦市、古河市、石岡市、結城市、龍ヶ崎市、下妻市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、笠間市、取手市、牛久市、つくば市、つくばみらい市、ひたちなか市、鹿嶋市、潮来市、守谷市、常陸大宮市、那珂市、筑西市、坂東市、稲敷市、かすみがうら市、神栖市、行方市、桜川市、鉾田市、小美玉市、常総市、東茨城郡、茨城町、大洗町、城里町、那珂郡、東海村、久慈郡、大子町、稲敷郡、美浦村、阿見町、河内町、 結城郡、八千代町、猿島郡、五霞町、境町、北相馬郡、利根町