私の父が、まだ元気であった頃に家に伝わった脇差しが1振ありました。錆ついていて状態が良くなかったのですが、父は先祖代々に伝わった品物であるということで地元の刀剣店で、研磨を仕上げて白鞘も作って保管していました。その父も数年前に他界してそろそろ1年が経ちます。家族と父の思い出話をしていると件の刀があることを思い出しました。良い機会でありますし私も含めて姉妹が多いので、今回に父が大切にしていた品を処分することを検討することにしました。素人の私が見ましてもあまり状態は良くないといえました。大きな刃こぼれと、片側には大きな錆が深くて穴になってしまっています。研ぎ上げた後は、父が欠かさずに手入れをしていましたので錆はありませんでした。銃砲刀剣類登録証は父が研ぎに出し前に大分県教育委員会から交付を受けていたようで、他界した後は私の名義に変更届を提出してあります。
状態があまり良くない刀だったもので、果たしてこの刀は売れる品物、売れない品物、引き取れる品物、とれない品物、或いは処分するにはどのようにすればよいのか、逆に処分費用がかかる品物かどうか判らないので、「日本刀買取専門店つるぎの屋」さんにメールで問合せさせて頂きました。
つるぎの屋さんではメールを利用した「画像査定」も行っていらっしゃるようだったので、脇差しの刀身の画像を全身、部分、柄、それと登録証を撮影してメールで送ってみることにしました。画像はデジカメで撮影して、それらをパソコンからメールで送付しました。
すると、翌日にはつるぎの屋さんからメールのお返事がすぐに届きました。メールのお返事には、銃砲刀剣類登録証がついている品物であれば法律的にも問題がありませんということでした。そして、金額に関しても銃砲刀剣類登録証を取得するには、都道府県教育委員会に申請料6,300円を納付するのでどんなに状態が悪くても5,000~10,000円くらいはするというお話でした。私は初めは無料で引き取ってもらえれば、または、逆に処分費用を支払わなければならないのかとも思案していたくらいだったので買取を行ってくださるということで安堵しました。査定額は状態がよくなかったもので、それほど高値にはもちろんなりませんでしたが、そのお金で父の好きだったお花を購入したいと思います。

【大分県の買取対応エリア】
大分市、別府市、中津市、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、竹田市、豊後高田市、杵築市、宇佐市、豊後大野市、由布市、国東市、東国東郡、姫島村、速見郡、日出町、玖珠郡、九重町、玖珠町