日本刀において「帽子」とは、鋒部分の刃文のことです。日本刀の優美さを最も感じさせる大きな見どころの一つとなっています。

帽子の刃文には、刀の生まれた時代や刀工達のこだわりがよく反映されています。加えて、刀の中で最も小さな部位にあたるため、焼き入れには高い技術が必要です。日本刀全体の出来を左右すると言われるほど、重要な部位なのです。

 

帽子の代表的な種類には、小丸帽子、中丸帽子、大丸帽子、一枚帽子、火焔帽子、地蔵帽子、焼詰帽子、掃掛け帽子、乱込帽子があり、どれも美しい刃文になっています。

この帽子は、時代や出自により多く見られた種類が異なるため、鑑定の際の重要なポイントでもあるのです。小丸帽子は新刀に多く、乱込帽子は古刀に多く見られるといったような具合です。鑑定士はこういった特徴から、刀の全体像をつかんでいます。

日本刀において鋒部分は一番上の鋭い部分、つまり一番目の行く部分です。それ故に帽子は日本刀の顔とも言え、日本刀の美しさや品位を象徴しているのです。

帽子の種類やそれぞれの特徴について理解していると、日本刀を鑑賞する時にまた違った視点から楽しむことができるでしょう。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る