正宗十哲

正宗十哲

刀剣を作風の上から大きく分類すると、発生の古い順に「大和伝」「山城伝」「備前伝」「相州伝」「美濃伝」の五つに分かれます。五カ伝の中でも、五郎入道正宗に代表される「相州伝」は最も高い人気を博しています。新藤五国光が創始した相州伝は、正宗が地景・金筋・沸を一層強調し完成へと導きました。

相州伝は相州鍛冶の藤三郎行光のほか、「正宗十哲」「貞宗三哲」と称される刀工が世に多くの名品を生み出し、「享保名物帳」に所載する名物も相州物が最多となっています。

相州物と人気を二分するのが「備前物」です。華やかな丁字乱れの刃文を焼く吉房・助真・則房らの一文字派や長船派の光忠・長光、畠田守家らに代表されます。

正宗十哲
郷義弘 長谷部国重 志津三郎兼氏 越中則重
備前兼光 来国次 備前長義 左文字
美濃金重 石州直綱 (彦四郎貞宗) (金剛兵衛盛高)
貞宗三哲
備前元重 山城信国 法城寺国光

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る