後藤家十七代

後藤家十七代

後藤宗家の作品は「御家彫」と尊称されています。室町期に足利8代将軍に仕えた後藤祐乗を鼻祖とし、幕末期の17代典乗に至るまで、装剣金工の宗家として栄えるとともに、将軍家はじめ織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の各時代に「大判役」(金貨製造)・「分銅役」(計量)・「彫物役」(刀装具製作)に任命され、幕府からの信用も厚く、その名誉は不動のものとなりました。

さらに、他の大名家の御用金工師としても活躍し、名実ともに斯界の最高権威として400年の歳月、連錦として伝統を継承しました。本家のほかに分家がありますが、それらは「同苗彫」と区別して呼ばれます。

法名
初代 祐乗 正奥
2代 宗乗 武光
3代 乗真 吉久
4代 光乗 光家
5代 徳乗 光基
6代 栄乗 正光
7代 顕乗 正継
8代 即乗 光重
9代 程乗 光昌
10代 廉乗 光侶
11代 通乗 光寿
12代 寿乗 光理
13代 延乗 光孝
14代 桂乗 光守
15代 真乗 光美
16代 方乗 光晃
17代 典乗 光則

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る