町彫

町彫

後藤家の作を「家彫」と称するのに対して、その他の金工の作品は「町彫」と称されています。町彫は、横谷宗珉が片切彫りを創始したのに始まります。町彫には華やかなものが多く、横谷宗珉、石黒政常・政美、大森英秀、柳川直政、浜野政随、一宮長常、河野春明や奈良派の奈良利寿・土屋安親・杉浦乗意らがいます。幕末三名工と称される後藤一乗・田中清寿・加納夏雄も高い人気があります。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る