肥後鐔

肥後鐔

肥後藩の細川忠興(三斎)公は戦国時代の名将であるとともに、父の幽斎と同じく教養人であり、和歌や茶事、兜の意匠もし、茶人としても有名で利休七哲の一人に数えらます。三斎公の指導の下、肥後の高い文化水準は装剣具史上でも光彩を放っています。肥後鐔は後世の愛好家から賞賛される幾多の名工を生み、数々の名品を伝えています。

鐔工は林・平田・西垣・志水の四家を主とし、いずれも藩主に仕え、代々繁栄し幕末に及んでいます。林家は林又七の鶴丸透が有名で、重光・藤八と続きます。平田家の平田彦三は赤銅・山銅・素銅などを用い、小田原覆輪を施したものがあります。西垣家の西垣勘四郎は初代・二代ともに名工で、二代の「田毎月」が名品として知られています。志水家の志水甚五は鉄地に真鍮を据紋象嵌した手法で猛禽捕猿・雨龍の図柄などがあります。

主派四家のほかに遠山・谷・三角・諏訪・坪井・神吉・万日坊の各派があります。ほかには三斎公が自ら製作した鐔や宮本武蔵の製作と伝える鐔も無銘ながら数点の現存品があります。

肥後鐔以外に、鉄鐔では金家・信家をはじめ、刀匠・甲冑師、尾張・金山・柳生、赤坂・京透などの人気が高いです。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る