刀剣の扱い方についてご説明しますと、まず、鞘を払う(抜く)時は左手に鞘をにぎり左膝の上にのせ加減で、刃を必ず上にし、右手で柄をもち、心持ち押え気味に途中で止めることなく静かに抜き払います。その際、左右にガタつかせると、鞘や刀身を傷つけることがあるので、静かに一息に抜かなければなりません。
姿、地鉄、刃文などを鑑賞するのですが、その際にはふくさを用意して棟(刃と反対側)に添えるのが望ましいです。刃文を見る時は刀を斜めにし、電球の光線で透して見ます。地鉄を見る時は、自分の背後から光線を当てると見やすいです。刀身に手が触れるとそこから錆が出てくるので注意が肝要となります。
茎を見る際、それが他人のものであれば予め主人の許しを得るのが礼儀です。柄を外す時は刀を一度鞘に納め、目釘抜きを使い、柄に疵がつかぬ様用心深く目釘を抜きます。そして先の要領で鞘を払い、刀を少し斜めにし、左手で柄の下方を握り手首を右のこぶしで叩きます。やがて柄が十分にゆるんだところで外します。ゆっくり落着いて茎を見たい時は、もう一度刀身を鞘に納めてから見ます。余りに錆がひどかったり、乾燥した季節だと柄が外れにくく、その場合は無理に外そうとはせず、当て木と木槌を用いればまず抜けます。
鞘に納める時は、鯉口(鞘の入口)に静かに切先を持っていき、一度切先を入口のところにのせる様にして、あとは一息にゆっくり入れて行きます。あくまで刃を上に、棟を溝に滑らせる様に入れます。終いはゆっくりと、鯉口や鐔の音など立てないで入れ、固く締めます。
他人に刀を渡す時は、柄から刀がはずしてある場合、右手で茎を握り、左手にふくさを持ち刀身にそえ、切先の方をやや高く斜めに持ち、棟の方から差出します。または刀身を立てたままで茎の下方を握り、相手方に棟を向けて差出します。後者の方法は、刀が白鞘および拵の柄に入っている時の渡し方でもあります。いずれにしろ要は刃を相手方に向けてはいけないということです。
刀掛けに掛ける時は、柄をむかって左に、刀は刃を上に(太刀は逆に)掛けるのが普通です。大小(刀と脇差)を一緒にかける時は一般に刀が上になります。太刀掛に立てる時は、柄の方を下にし、刃がむこう側になるようにします。

次に刀剣の手入れ法と順序についてご説明しますと、刀剣のお手入れは、専用の道具が揃っていれば、極めて簡単に行え、時間もそれほどかかりません。正しいお手入れを、1~2ヶ月に一度定期的に行えば、研ぎ上がった美しい状態をいつまでも保つことができます。また一般に、鑑賞も同時に行いますので、手にとって刀剣の美しさ、きびしさにふれることができ、刀剣愛好家にとって、まさに刀剣の醍醐味が味わえる一時と申せましょう。
お手入れの順序は、まず、鞘を払います。(鞘から、刃を上にして刀を抜きます)ぬいた刀を左手で持ち、拭い紙で、棟方(刃がついてない方)から、古い油を拭きとります。打粉で刀身を軽くポンポンと打ち、先の拭い紙とは別の拭い紙でその白い粉を拭います。この操作を2~3回繰り返し、油のくもりを完全に取り去ります。刀を鑑賞します。手入れ、鑑賞がすんだら(錆の発生などに気をつける)新たに刀剣油を刀身に塗ります。なお、この段階で茎(刀身の柄に入っているところ)と鎺下の手入れも行うことが望まれます。目釘をぬき、柄を外しますと、茎が現れ、鎺も取りはずせるようになります。中心は乾いた綿布で十分に拭い、ごくうすく油を塗ります。鎺下は、手入れを忘れがちになるところですが、鎺をとりはずし、汚れをおとし、刀身同様、油を塗っておきます。鞘に納めて保管します。
手入れに必要な道具として、油(油を塗るには脱脂綿を使用します)・打粉・拭い紙・目釘抜きが手入れ用品となります。油は刀を錆びさせないために使用します。刀身と空気の間に油膜を作り、刀身の酸化(=錆)を防ぎます。刀を鑑賞しない場合でも、4~6ヶ月も経つと油は乾燥してしまい錆の原因となります。3ヶ月に1回は新しく油を塗りかえて下さい。ともかく、刀は鑑賞する時以外、いつでも油が塗ってあるもの、とお考え頂ければよろしいと思います。
打粉は出来るだけこまかくした砥石の粉末状のものがつめてあります。二つ使用目的があり、一つは、刀身に付いている古い油をとります。もう一つは、刀の表面を美しく仕上げることです。以上二つのことを打ち粉は同時にやるわけです。
拭い紙は古い油を取りさったり、手入れ用の打粉をとるために使用します。一般に市販されている紙は二枚組みになっていますので、「油取り用」と「打粉用(手入れ用)」に分けておきます。刀剣愛好家の間では、古くから越前奉書が拭い紙として愛用されております。
目釘抜きは、柄(握りのところ)より目釘を外すために使います。縁起が良いため、「打ち出の小槌型」が昔より愛用されています。
刀のお手入れとは、要は「刀を錆びさせない」ということが主眼です。刀の錆は、一旦錆びますと、研がなければ、絶対に落ちません。しかし、研ぎはたいへん費用がかかり、期間も長くかかります。新しい手入れ用具をいつもお手許におかれ、正しい方法でお手入れなさるようおすすめします。なお、研ぎ上りのお刀は、2~3ヶ月の間はご注意いただき、10日に1回はお手入れください。
手入れが済んだら、元通りの刀袋に入れ、日陰のよく乾燥した場所に保存します。日光の照りつけるところ、押入れの下段の奧、樟脳入りの箪笥などは禁物です。