小竜景光(こりゅうかげみつ)

  • 指定:国宝
  • 太刀 銘 備前国長船住景光 元亨二年五月日 (号:小竜景光)
  • 東京国立博物館蔵
  • 長さ 2尺4寸3分9厘(73.9cm)
  • 反り 1分弱(3.0cm)

 

 

小竜景光は備前長船景光作の太刀で楠木正成の佩刀と伝えられる。鎺元に小振りの剣巻龍の彫物があるので小竜景光、磨り上げてあるため、その竜が鎺の下から覗いた格好になっているため、除き竜景光ともいう。また、大楠公の佩用と伝えることから楠公景光ともいう。万里小路藤房が楠正成にに贈ったとか、豊臣秀吉が徳川家康に贈ったとかいう伝説がある。天保(1830)のころ、大坂の刀屋が、河内(大阪府)の百姓家にあった楠正成の佩刀、という触れ込みで、江戸の本阿弥家に折紙をもらいに来たが、本阿弥家では信じ難いとして、折紙を出さなかった。刀屋が落胆しているところを、幕府の代官:中村八太夫(覚太夫)が、三島まで追いかけて行って、買い取った。
八太夫死去後の弘化3年(1846)、網屋という刀屋がそれを買って、長州の毛利家に売っていたが、毛利家では本阿弥家が折紙を出さなかった話を聞くと、返却してきた。網屋をそれをさらに首斬り役の山田朝右衛門吉昌に売った。弘化4年(1847)、朝右衛門の義兄弟:三輪徳蔵を召し抱える交換条件として、小竜景光は時の大老:井伊直亮に召し上げられた。その子:直弼が横死すると、徳蔵は解雇され、小竜景光も山田家へ返された。山田家の刀剣押形である「山田押形」に所載する。井伊家に上る以前の弘化4年に固山宗次が生ぶの姿に復元した写しを製作しており、また山田家に返ってきてからの文久2年に同じく宗次が今度は磨上の態の写しを製作している。明治6年、時の東京都知事:大久保一翁の手を経て、宮内省へ献上された。山岡鉄舟が買って献上したとか、明治天皇が軍刀にされたとの逸話もある。

備前景光は、長光の子で、長船三代目であり、片落ち互の目を完成したことで名高い。景光の製作年代は、鎌倉時代末期の嘉元から南北朝期はじめの建武までの30余年に亘っている。作風は直刃仕立てに互の目を交えて逆がかるものや、片落ち互の目を主調とするものなど、概して長光より穏やかな出来口であるが、鍛えはよく錬れてつみ、時には、父長光以上に優れた肌合のものが見られることが注目される。また長光には少ない短刀が多く現存していることも特色といえる。

形状は、鎬造、庵棟、磨上げながら腰反りやや高く、中鋒となる。鍛えは、小板目最もよくつみ、乱れ映り見事に立つ。刃文は、小丁子刃、小互の目交じり、足・葉頻りに入り、総体に逆ごころとなり、匂口締まって冴える。帽子は、表裏ともにのたれ込み小丸。彫物は表裏に棒樋を彫り、樋の中の表には倶利伽羅竜、裏には種子(不動明王)を浮彫りにする。茎は、磨上げ、先浅い栗尻、鑢目は勝手下がり、目釘孔三。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

 

(法量)
長さ 2尺4寸3分9厘(73.9cm)
反り 1分弱(3.0cm)
元幅 9分6厘(2.9cm)
先幅 6分6厘(2.0cm)
元重ね 2分3厘(0.7cm強)
先重ね 1分7厘(0.5cm)
鋒長さ 1寸弱(3.0cm)
茎長さ 5寸8分(17.5cm)
茎反り 1分弱(0.3cm)