光包(みつかね)は、鎌倉時代後期の近江国(現在の滋賀県)で活躍した刀工です。

光包は近江国の延暦寺根本中堂にて日本刀を作成していたことから「中堂来光包(ちゅうどうらいみつかね)」とも呼ばれています。

光包は京来派の国俊の弟子と伝えられていますが、作品の銘に「来」と記された作品がほとんどないことから、一説によると備前長光の弟子なのではないかともいわれています。

光包の作風は、重ねが厚く、帽子の返りが長いという特徴があり、現存している光包の日本刀は短刀が重要文化財として保管されています。

 

短刀 銘光包(名物乱光包)

長さはおよそ9.4㎝(九寸七分)、反りはなし。

平造、庵棟、内反ごころ、重ね厚め。鍛は小板目詰まり、地沸が細やかによくつき、地景入り、刃文は小互の目乱で片落ち目立ち、小沸つき、金筋かかり、帽子は乱れ込んで先が尖っています。

また光包の作品の銘は「光」に部分が左肩上りとなって、「包」の部分は右肩上がりであるということが、光包の作風の掟となっています。

「乱光包」は長く将軍家に渡って伝来しており、「乱光包」という称号は光包の作中の中で乱刃のものが稀であったことからつけられたといわれています。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る