静形薙刀(しずかがたなぎなた)

  • 薙刀

 

静形薙刀は、源義経の愛妾:静御前の薙刀と同型の薙刀で、反り浅く、先幅の広くならないもの、つまり菖蒲造りの刀のようなもの、一名、シズ型ともいう。志津三郎兼氏がこの型の薙刀を造ったからともいう。しかし、静流薙刀術の所伝では、源義経が鞍馬山時代、鞍馬寺の僧に鬼一法眼の弟子がいて、それから学んだ剣術から薙刀術を工夫し、愛妾の静御前だけに教えた。それが静流薙刀術であるが、薙刀の形や長さに規程なしという。

静御前が所持したとされる薙刀はいくつか伝えられている
緒方惟栄拝領
文治元年(1185) 、源義経が京都堀川の館で土佐房昌俊の夜襲をうけた時、静御前が揮った薙刀で、異名を小屏風といった。
義経が九州に避難する時、供奉の豊後住人緒方惟栄に与えた。以後、同家に伝来、元和8年(1622)甚太郎という研師に研ぎ直させたところ、三日目に急逝した。世人は薙刀の祟りと噂した。
徳川将軍家蔵
小鍛冶宗近、または小鍛冶宗親の作といわれ、三代将軍家光が猪狩りにこれを遣い、中心から折れてしまった。家来たちが、大事な御道具を由ないことで損じて、と非難するのを、若年寄:堀田正盛が聞き、戦場で折れたらどうする?狩場で折れたのは幸いだった、と衆を戒めた。折れた中心は山城という鍛冶に継がせたという。山城とは日置山城守一法のことであろう。
前田家蔵
加賀藩主:前田利常は、将軍家蔵と前田家蔵と、どちらが本物であろうか、と詮議する声を聞いて、義経の愛妾である。薙刀を一本しか持たなかった、と言うことはあるまい、と反駁したという。その薙刀のある部屋に、生理のある女中が入ったところ、鴨居にかけてあった薙刀が俄然、落ちてくる、という不気味なことがあった。五代の藩主:綱紀はそれを恐れ、二重箱に入れ、枠をはめ、注連縄をはって、薪丸の土蔵に封じ込めた。そのとき鞘を新調したので、古鞘を本阿弥家で拝領した。その後、同家のものが、流行病で頭を並べて倒れたとき、その古鞘を一人一人に戴かせたところ、たちまち平癒したという。
溝口家蔵
越後国新発田藩主:溝口家に伝来したものは、もと会津藩主:保科肥後守の所蔵だったもので、これを出すと雨が降る、という口碑があった。
江戸浅草寺蔵
浅草観音堂の本尊の前の鴨居に、静御前の薙刀と称するものがあった。しかし、肥前平戸藩主:松浦静山が知人を介して照会したところ、当寺にそんな話はない、と否定した。さらに家臣に調査させたところ、当時、婚礼薙刀といわれていた柄の長い、刃の短い形式のもので新しかった。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る