五虎退(ごこたい)

  • 指定:重要美術品
  • 短刀 銘 吉光 (号:五虎退)
  • 長さ 8寸2分(24.8cm)
  • 反り 内反り

 

 

五虎退は粟田口吉光の短刀の異名で上杉家に伝来する。”五虎逃げ”ともいい、「能阿本」によれば、天竜寺の建設費をかせぐための遣明船に便乗して、中国に渡った足利将軍義満の同朋が、荒野を横切っていたところ、虎に襲われた。恐怖の余り、思わず腰の吉光を引き抜き、夢中になって振り回していると、虎は刀の輝きが嫌いだったとみえ、すたこら逃げてしまった。帰国して将軍:義満に水増しして五匹もいたと報告すると、その短刀に「五虎退」という異名をつけてくれた。しかし、天竜寺船が派遣されたのは、康永元年(1342)、足利尊氏時代のことである。なお、その時代にはまだ同朋とうい制度はなかった。したがって天竜寺船は誤りで、応永(139)年間の単なる遣明船とするべきである。その後、義満から朝廷へ献上した。上杉家台帳によれば、上杉謙信が永禄2年(1559)5月、再度上洛したとき、正親町天皇より下賜された。天皇からは藤林国綱、将軍:義輝からは五鈷吉光を下賜された、とする説があるが、五鈷吉光は五虎吉光、つまり五虎退吉光の誤りである。上杉家はこれを重宝視し、上杉景勝公御手選三十五腰の一つになっていた。

明治天皇が明治14年、米沢へ巡幸のみぎり、上杉家蔵刀をお取り寄せになり、予定を一日延長してまで、熱心にご覧になった。天皇は愛刀家:孝明天皇遺愛の吉光を携行されていた。この五虎退と比較して、随行していた本阿弥に、どちらがよく出来ているか、とご下問があった。本阿弥が陛下ご持参のほうが、すぐれていると拝見致します、と答えた。すると、天皇はにっこりされ、では、余のほうは十虎退だろう、と仰せられたという。

刃長8寸2分(約24.8cm)、表裏に護摩箸をほる。刃文は直刃に食い違いまじり、古剣書には目釘孔二つの押形もあるが、現存刀は一個となり、銘は「吉光」と二字がある。上杉家の刀剣台帳は乾号、坤号にわかれ、五虎退は乾号に記載がある。「第51号 短刀 吉光(藤四郎) 五虎退吉光 8寸3分 脇指拵(柄欠) 御重代 三十五腰の内」
重要美術品(腰刀拵附柄なし)昭和12年12月24日認定 認定時所有者 東京・上杉憲章氏
永禄二年四月、謙信公再上洛五月御参内の節、御拝領
小サ刀拵 秋草図 大切羽二枚 台鐔欠損
五虎退の読みについては、上杉家の刀剣台帳には「五虎退吉光 短刀」として「退」の字に「のき」と読み仮名を添えている。「ごこたい」あるいは「ごこのき」「ごとらのき」とも読むのであろうか。
鑑刀随録(今泉久雄:著 昭和12年刊)に所載する。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)