御手杵(おてぎね)

  • 大身槍 銘 義助作 (号:御手杵)
  • 長さ 4尺6寸(139.4cm)
  • 反り なし

 

 

御手杵は島田義助作の大身槍の異称で、下総国結城城主:結城晴朝が所持した。その鞘が手杵形をしていたのに拠り、日本号・蜻蛉切とともに「天下三槍」にかぞえられる。長さ5尺(約151.2cm)余、直径約1尺5寸(約45.5cm)、黒熊の毛を植えてあった。晴朝が戦場であげた首級十数個を、この槍に通し、担いで帰る途中、中央の一個が落ちたのをそのまま、担いだ姿が手杵のようにみえたので、その後、手杵形の鞘を付けた、という伝説がある。手杵とは、棒状で端が太くなっている竪杵で、もとは単なる長い棒であったが、中間の握り部分を細く、両端を太く加工し、握りやすく打撃の威力が増す両頭のものになった。

槍の穂は長さ4尺6寸(約139.4cm)、正三角形、三面に太い樋をかく。地鉄は小杢目交じり、刃文は直刃に小乱れ・砂流しまじる。槍は柄を加えると、1丈1尺(約333.3cm)、という長大なもので、晴朝の子孫である上野国前橋藩主松平家では、自慢のものだった。同家では槍に少しでも錆がくると、継ぎ研ぎをした。その度ごとに研師には、十人扶持の加増をしていた。大正12年の関東大震災で焼失してしまった。焼失については昭和初期の文献にすでにみられるが、戦災で焼失してしまったともいう。

島田義助は室町時代、駿河国(静岡県-中部)島田派の刀工で、義助・助宗・広助の三工が室町中期から新刀期にかけて活躍した。古刀期のみならず江戸時代さらに幕末まで連錦として続いている。義助は島田派のなかでも主流となる刀工で、室町期だけでも四工いるといわれているものの、その代別は難しく、年紀のあるものでは永正二年紀のものが最も古い。義助の系図を古刀銘尽大全では、初代を康正頃としているが作刀をみることができず、二代までには50年近くの開きがある。二代は永正頃として片岡新三郎と称し、五条姓に変わったのはその後という。三代は天文頃、以後は義助の名がない。刀工総覧では永禄・天正年紀のものをあげて四代としている。掌中古刀銘鑑には四代:義助は天正・文禄頃としている。刀工辞典では実際に作刀のみられる初代を大永頃、二代を弘治頃としている。永正・大永頃の初代は銘字が全体に丸みを帯びてこぢんまりとした感があり、弘治頃の二代は初代に比べて銘を大振りに切る。結城晴朝は天文3年(1534)の誕生であるので、御手杵を鍛えた義助は銘鑑でいう天正・文禄頃の四代、刀工辞典の弘治頃の二代に相当するとおもわれる。作風は、末相州鍛冶の影響を色濃く受け、皆焼、乱れ刃、直刃などがあり、彫物も上手である。また、義助は槍の名手としても著名である。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

 

(法量)
長さ 4尺6寸(139.4cm)
反り なし
茎長さ 2尺5寸(75.75cm)
茎反り なし
総長 7尺1寸(215.1cm)