振分髪広光(ふりわけがみひろみつ)

  • 指定:重要美術品
  • 刀 無銘 伝(相州広光) (号:振分髪)
  • 吉川史料館蔵
  • 長さ 2尺9寸(63.3cm)
  • 反り 4分(1.2cm)

 

織田信長の差料
相州正宗の作、大磨り上げ無銘であるため、細川幽斎が「くらべこし振分髪もかたすぎぬ 君ならずして誰かあぐべき」、と在原業平の歌から採って、名付けたもの。
幕末には周防国岩国の吉川家に伝来していた。刃長二尺九寸(約63.3cm)、反り四分(約1.2cm)。
鎬造、庵棟、大磨上げながら身幅広く、反り浅く、大鋒の豪壮な刀である。鍛えは板目肌やや立ち、地沸つき地景入る。刃文は大乱で飛焼がかり、互の目交じり、沸つよく、砂流・金筋かかる。防止は乱れこんで先尖りごころ。彫物は表裏に棒樋を掻流す。茎は大磨上げ、先切り、鑢目筋違、目釘孔二個。

山口の吉川家に伝わる一振りで、江戸時代以来「振分髪正宗」と号していたが、重要美術品認定に際して広光の極めに改められたものである。大乱に互の目交じり沸強く、鍛えもよい。地刃ともに健全である。(広井)
吉川家では正宗として伝えており、相州物の上作であることに異論はないが、刃文に互の目が目立つなど、正宗とは極め難い。時代、位から見て、広光がほぼ該当するであろう。「振分髪」の由来は「伊勢物語」に「くらべこし振分髪もかたすぎぬ 君ならずして誰かあぐべき」とある意味を採って、刀の大磨上げにかけているものである。(本間 談)
昭和19年7月6日 重要美術品認定 認定時所有者 東京:吉川元光

拵えは、白鮫の柄に、後藤祐乗作の赤銅の竜の目貫と、赤銅の縁をつけ、黒革で各頭を掛け巻きにする。切羽・鎺ともに金無垢。鐔は鉄の無地。鞘は黒漆を厚くかける。笄・栗形は後藤祐乗の作で剣巻き龍となる。

他に「振分髪」と異名のある刀が伊達政宗の差料にあり、
奥州仙台藩主:伊達政宗に向かい、ある大名が、差料の脇差はさだめし相州正宗の作でござろうな、と尋ねたところ、いかにも左様、と答えたが、実は正宗ではなかった。帰宅すると政宗は、次に見せてくれ、と言われたら嘘がばれるから、正宗の刀を磨り上げ、脇差にせよ、と命じた。家臣も刀鍛冶も、諌止したが、聞き入れないので、止むをえず磨り上げた。その鍛冶が在原業平の歌の意を採って、「振分髪」と命名した、という話がある。
しかし、伊達家の「御腰物方本帳」などを見ても、これはただ「正宗御脇指」とあるだけで、「振分髪」という異名は付いていない。そして「御代々御指之部」の最後に登録されている。これは政宗と関係ないことを示すものである。由来は一切書いてなくて、わずかに「竜ヶ崎上」とある。竜ヶ崎とは現在の茨城県竜ヶ崎市のことで、ここに伊達家の飛び地が一万石あって、陣屋が置かれていた。「竜ヶ崎上」とは、その陣屋からおそらくそこの代官が献上したものであろう。
これには安永七年(1778)五月三日付け、代金三百枚の折紙がついている。おそらくそのころ献上したものであろう。それで寛政元年(1789)五月、御刀奉行で調べた「剣槍秘録」には記載されている。明治維新後、伊達の本家から、分家の伊達男爵家へ贈られた。大正九年ごろ、時の某大臣が、仙台城下の三十軒堀あたりの質屋に入れたという。戦後は細川貞松氏の所有となっている。

刃長一尺六寸八分(約50.9cm)、表裏に棒樋をかく。地鉄は板目肌で、地沸えもつかず、映りも見えない。刃文は腰開き互の目丁字乱れで、僅かに掃きかけを見るが、室町期の備前物らしい出来である。中心は大磨り上げ無銘で、目釘孔五個。銹色より見て、磨り上げの時期は幕末、折紙発行のころであろう。なお、切り取った中心先が現存し、「正宗」と偽銘があるという。

拵えはなるほど見事である。鎺や切羽は金無垢で、鎺には七子地、三階松の高彫りの上に、伊達家の引き両の紋が据えられている。縁頭は赤銅魚子地に金玉縁をつけ、芦に鷹鷺の高彫り、金銀色絵の図となる。目貫は金無垢の三階松。柄は白鮫のうえを黒糸で巻く。鐔は赤銅七子地に笹と雀を高彫り金色絵とする。小柄・笄は赤銅七子地に、唐松の高彫り金色絵、裏は金の割り継ぎ。鞘は呂色。小ガタナが文化(1804)ごろの、藩工:騰雲子包寿の作になっているのは、拵えの製作がそのころだったことを窺わせる。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺9寸(63.3cm)
反り 4分(1.2cm)

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る