西蓮(さいれん)

  • 位列:古刀上々作
  • 国:筑前国(福岡県-北西部)
  • 鎌倉時代後期 永仁頃 1293-1298年頃

 
西蓮は筑前博多住良西の子とするのが普通であるが、良西の弟とする異説もある。諱は国吉、法名は撿阿西蓮ともいう。博多談議所つまり九州探題の抱え工で、銘に「筑前博多談議所国吉法師西蓮」と切ったものや、文保元年(1317)の年紀を入れたものがある。薙刀の名人ともいう。なお、西蓮に二代あった、とする説もある。
作風は、現存刀は短刀が多く、丸棟で樋をかくものが多い。板目肌に柾目まじり、黒味を帯びる。刃文は直刃が多い。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る