稲葉江(いなばごう)

  • 指定:国宝
  • 刀 (金象嵌銘) 天正十三十二月日江本阿弥磨上之花押(花押)(光徳)
    所持稲葉勘右衛門尉 (名物:稲葉江)
  • 岩国美術館蔵
  • 長さ 2尺3寸4分(70.9cm)
  • 反り 6分7厘(2.03cm)

稲葉江は郷義弘の刀で「享保名物帳」に所載する。もとの所持者:稲葉勘右衛門とは、美濃清水城主:稲葉一鉄の庶子で、名は重執、のち重通と改めた。豊臣秀吉の馬廻役として小牧の役に従軍、その功により河内国狭山郷を加増された。翌13年(1585)7月13日、兵庫頭に任じられた。その年の暮れに、本刀を本阿弥光徳に磨り上げさせ、「天正十三十二月日 江本阿弥磨上之花押(花押)所持稲葉勘右衛門尉」と金象嵌を入れさせた。しかし重通の差料ならば、「稲葉兵庫頭」とするはずである。勘右衛門という通称は、五男の道通がもらっているので、この金象嵌にある稲葉勘右衛門尉は、五男の道通のことである。金象嵌は埋忠家にやらせたので、「埋忠銘鑑」にその押形が出ている。それには中心先に目釘孔があるが、現在はそれがない。その後、中心先を7分(約2.1cm)ほど詰めたことになる。金無垢の鎺には「白銀屋 村上源左衛門」と刻している。
勘右衛門道通は文禄2年(1593)長兄の跡をついで伊勢国岩手城主となったが、わずか二万五千石の小名。徳川家康から所望されればイヤといえない。ついで五百貫で召し上げられた。慶長5年(1600)、関ヶ原の役が起こった。徳川家康ははじめ上杉景勝挙兵の報に接して、下野国小山まで軍を進めたとき、石田三成の挙兵が伝えられた。家康は踵を返して西下するにあたり、上杉の抑えとして残す次男:結城秀康にこの刀と采配・具足などを与え、激励して去った。
秀康の嫡孫:光長が越後国高田城主だったころ、奇人刀工:大村加卜はそれに仕えていたので、この稲葉江の拝見を許されたとみえ、その著「剣刀秘宝」のなかに押形を掲げている。それに、差し裏の鋩子のうえに、金輪があるが、一枚鋩子になっているため、判然とみえないこと、本阿弥光温が、日本に一つ二つの道具と、褒めたことが注記している。戦後まで秀康の嫡流である津山の松平家に伝来していたが、戦後、同家を出て、現在国宝。

名物帳には、「松平越後守殿津山 稲葉(江)象嵌銘 長さ弐尺参寸四分 不知代
表裏樋。中心表(に)稲葉勘右衛門尉 裏(に)天正十二年十二月日江本阿弥磨上ルと象嵌。稲葉勘右衛門尉殿所持。 家康公五百貫に被召上、慶長五年 家康公下野小山迄御出馬之節奥州之押(を)秀康卿へ被仰付、其上時之御軍法御尋被仰上。家康公被遊御喜悦右之刀と御采配、御秘蔵之御具足秀康卿へ被進」

形状は、鎬造り、庵棟、大磨上げながら身幅が広く重ねが厚く、鋒の延びた刀である。鍛えは小板目肌よくつみ、地沸細かに厚くつき、地景入り明るく冴える。刃文は小のたれに互の目交じり、足入り、匂いが深く小沸がよくついて、所々に砂流し交じり、総体に焼幅が広く、物打より上は特に焼刃が深く、大模様に乱れ、極めて明るく冴える。帽子は乱れ込んで一枚になる。茎は大磨上げて、先剣形、鑢目勝手下がり、指表に金象嵌で「所持稲葉勘右衛門尉」、裏に「天正十三十二月日江本阿弥磨上之花押(花押)」とある。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺3寸4分(70.9cm)
反り 6分7厘(2.03cm)
元幅 8分9厘(2.7cm)
先幅 6分2厘(1.9cm)
鋒長さ 1寸3分6厘(4.15cm)
茎長さ 6寸1分(18.5cm)
茎反り 僅か

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る