鬼神丸国重(きじんまるくにしげ)

  • 位列:新刀中上作
  • 業物:業物
  • 国:摂津国(大阪府-北西部・兵庫県-南東部)
  • 時代:江戸時代中期 天和頃 1681-1683年頃

 

鬼神丸国重は、本国は備中国阿賀郡水田郷(岡山県上房郡北房町)、通称は長兵衛、鬼神丸と号し、不動国重とも称した。大坂に出て中河内、つまり二代目:河内守国助に師事した。江戸・奥州岩城・羽州秋田・薩州などに駐槌したのち、摂州豊島郡池田町(大阪府池田市)に定住し、姓も池田と改めた。
遺作には寛文(1661)から、延宝(1673)間の年紀がある。
作風は、よく詰まった地鉄に、互の目乱れや大乱れを焼き、沸えよくつき、大与五国重に似て、少し劣る。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る