菊一文字則宗(きくいちもんじのりむね)

  • 位列:古刀最上作
  • 国:備前国(岡山県-南東部)
  • 時代:鎌倉時代初期 承元頃 1207-1211頃

 

菊一文字とは、一文字則宗および、則宗の子である助宗の打った太刀に、特に菊紋を切ることを許されたものを称する。銘には菊紋のみとなり、一の字は切らない。これを後鳥羽上皇の代作をしたとみて、菊紋の刀を後鳥羽上皇の作とみる説と、則宗や助宗の傑作刀に特に菊紋の下賜が許されとみて、則宗や助宗が鍛えた作とみる説との二説がある。
現今では前説を採っているが、則宗を「菊一文字則宗」とよぶのは、後説を採っていることになる。菊紋を切ったものは、「則宗」銘のものより、鎺もとから丁字乱れに玉刃を焼き、沸えも濃やかに多くつき、地鉄も青く冴えているというから、特に出来映えの優れた傑作刀が選ばれていたということになる。

則宗は備前福岡一文字派の祖、備前小瀬住定則の子、備前太夫と通称で呼ばれ、刑部允という官位に任じられた。後鳥羽上皇の御番鍛冶で、正月番、二十四人番鍛冶では十一月番を勤めた。その功により菊紋や一文字を中心に切ることを許されたという。しかし、菊紋のある作は、後鳥羽上皇の御作とするのが、今日通説になっている。なお、一文字は、則宗は切らず、子の助宗に譲ったとされているが、則宗は、磨り付け一文字といって、鑢の角で「一」の字を切った、という異説もある。
なお、古剣書において則宗のことを建部流秘伝書-建部光重:著(慶長12年:1607)・徳刀流目利書-著者不詳(元亀:1570)では「菊一文字」、あるいは、天文目利書-細川幽斎:著(天文1年:1532)では「大一文字」と記されている。
則宗は天治二年(1125)生、建久八年(1197)没、七十三歳または七十八歳とする説と、仁平二年(1152)生、建保二年(1214)没、六十三歳とする説とあるが、ともに信じがたい。
作風は、品位のある太刀姿で、切先はつまり、刃肉がつく。地鉄は軟らかく大肌まじり、映りが現れる。刃文は小乱れに小丁子乱れがまじり、末古備前風の地味な作風のものである。また菊刃という菊花に似た刃文を則宗は横手の下に焼くという。銘は「則宗」と二字銘に切る。ただし、「享保名物帳」所載の「二ツ銘則宗」は、「備前国則宗」と五字銘。昔は飛切丸という名物もあった。

太刀 銘 則宗 日枝神社蔵 (国宝)
長さ:2尺5寸9分(78.5cm)、9分(2.7cm)、形状は、鎬造り、庵棟、細身で腰反り高く小鋒の優しい姿の太刀である。鍛えは、小板目肌、よく練れてつみ、地沸細かにつき、乱れ映りが立つ。刃文は直刃調に小丁字を焼き、小乱れ交じり、小足・葉しきりと入り、金筋・砂流しかかり、匂口締まりごころに冴える。帽子は直ぐに先小丸。僅かに掃きかける。茎は生ぶで雉子股形につくり、先ほとんど切、鑢目勝手下がり、目釘穴一、佩表棟寄りに細鏨で「則宗」と銘がある。
この太刀は、「大猷院殿御実記」に「正保三年六月六日 将軍家光の第四子徳松(後の五代将軍綱吉)は御宮参りに二の丸宮、紅葉山東照宮及び山王社に詣で 山王の社へ則家(宗ノ誤リ)の御太刀 青毛の馬を進推す」とあって、この太刀の伝来を記している。
(徳川実紀)正保三年六月 ○六日徳松君二丸 内宮に参らせ給ふ。留守居杉内内蔵允正友。宮崎備前守時重供奉し。行平の御太刀。馬資金薦し給ふ。(中略)次に山王の社へ詣給ひ。則家(宗ノ誤リ)の御太刀。青毛の馬進薦あり。神酒。奉幣はてゝ最教院晃海。神主日大膳某に銀二十枚づゝ。惣中へ銀五十枚くださる。御かへりに牧野内匠頭信成のもとへ立よらせ給ふ。
山王神社宝刀図譜には、「徳松様御宮参正保三年六月六日 六則宗二尺六寸弱之 葵御紋」

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

 

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る