夢切り国宗(ゆめきりくにむね)

  • 刀 無銘 備前三郎国宗 (号:夢切り)
  • 長さ 2尺3寸(69.7cm)

 

夢切り国宗は上杉謙信が永禄7年(1564)、常陸の佐竹義重に贈った備前三郎国宗の太刀、義重が大田城の櫓で昼寝中、夢で蛇に呑まれようとするのを、この太刀で追い払った。覚めてみると太刀が鞘からぬけ出し、戸に立てかかっていたので、異名を「抜け戸夢切り」と名付けた。のち子の義宣が二尺三寸(約69.7cm)余に磨り上げた。「典厩割り国宗」と同物とするのは明治になってからの推論である。

上杉謙信が永禄三年(1560)上洛、さらに足を延ばして高野山にいく途中、若江(東大阪市)城主:三好氏が、池田丹後守・多羅尾常陸介・野間左吉らをして、謙信を襲わせた。武勇の謙信は備前三郎国宗、三尺一寸(約93.93cm)の大刀を揮って、三好勢を追い払った。謙信は晩年、これを「老之杖」にしようと思っていたが、わが武勇を貴殿以外に継いでくれる者はいないと思うので進呈する、という手紙を添えて、常陸国(茨城県)の佐竹義重に贈った。義重は当時「鬼義重」と謳われた勇将で、しかも義重より六代前の義人は、上杉家から養子に来ていた。そんな心情的なことよりも、主目的は北条や武田を背後から牽制させる目的の贈刀だったはずである。喜んだ義重はそれからそれを差料にしていた。ある夏の夜、暑さに耐えかねて、風通しのよい城櫓の二階に寝ていた。すると、夜中に櫓の下にある池から大蛇が現れ、義重を呑もうとするので、枕元の国宗を抜いて切り払う、という夢をみた。夢が覚めて枕元をみると、国宗は鞘から脱して、戸に立てかけた格好になっていた。それで「抜け戸夢切り」、または単に「夢切り」という異名がついた。嗣子の義宣は家督をつぐと、国宗を懇望して譲りうけたが、長過ぎるとして、刃長二尺三寸三厘(約69.8cm)に磨り上げてしまった。義重はそれを見て、刀の魂が抜けてしまった、と慨嘆したが、後の祭りだった。
謙信の手紙は、寛永十年(1633)九月二十一日、秋田城の火災によって焼失した。それに刀は磨り上がって無銘になっているし、刃文は国宗らしからぬ所もあるので、明和四年(1767)、本阿弥親俊が秋田城下に出張鑑定した時、鎌倉一文字助真に極めなおし、百七十枚の折紙をつけている。
以上のように、江戸時代における秋田藩士の古記録に、この国宗が川中島の合戦の際、謙信が武田信玄の弟:典厩こと信繁を斬った、いわゆる「典厩割り国宗」という記述は、一切ないのに、明治二十九年刊の「秋田沿革史大成」に、突然これを典厩割国宗として紹介しているが、それは誤伝である。

「本阿弥親俊鑑定刀剣目録」
備前三郎国宗 長さ二尺三寸半(約69.7cm)すり上。
鎌倉助真に成、百7拾枚。両方帽子にえる。刃先のうづ沸玉有。横手より二寸斗りの間、表の方、別而沸あらし。

(参考文献:日本刀大百科事典より転載・引用・抜粋)

(法量)
長さ 2尺3寸(69.7cm)

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る