私は新潟市在住のHと申します。つるぎの屋の冥賀さんとはもう長年にわたりお付き合いいただいておりますが、なにぶん遠方のなものでなかなかお顔を拝見できずにおりますが、近年はもっぱら電話とメールでのご連絡となっております。私も県内の剣友や親戚から近所から刀が出てきたりすると相談を受けることが多くあります。ほとんどは江戸時代の当時の拵のままであったり、戦時中の軍刀であったりして錆身のものもあります。県内の職人さんに白鞘を新調してもらったり、研ぎをいれてもらったりすると今度は鑑定書をつけたいということになります。こちらから東京の日本美術刀剣保存協会のある刀剣博物館まで審査に提出する為に上京するのはなかなか大変です。そういった時には東京のつるぎの屋さんに私の刀も宅配便でお送りして、お店からも審査に出される刀と一緒に持っていってもらうことをお願いしています。もちろん、冥賀さんの方でこれは審査に合格されるでしょう、こちらは難しいかもしれませんね、と事前にいつもご相談させてもらっています。審査の結果が出るまでは楽しみでいついも首を長くして審査の結果が来ないか待っている次第です。場合によっては、審査の結果の後には、そのまま刀剣商の交換市場(オークション)で競りに出してもらうこともあります。
先日は珍しい北越住兼宗二代の短刀を入手しました。越後長岡は刀工の少ない土地で、幕末のこの兼宗父子がでただけと聞いています。初代は会津十代兼定の弟子とのことですが、二代の方がうまいそうです。この短刀も姿がよく互の目丁子の刃文を見ますと、いつも満開の花を思い出します。これには質素な幕末拵がついています。小道具の寄せ集めですが、昔は職人さんが丁寧な仕事をしたようで鞘の塗りも柄巻も大変よく出来ていると、地元の職人さんもほめてくれました。しかし残念ながら中心は穴二つです。いまついている拵に合わせたのでしょうか。この短刀はおそらく長岡藩のあまり高禄ではない武士が倹約してもとめた一刀なのでしょう。塗りの具合からすると常用していたものらしく、慶応元年作ですからこの短刀も戊辰戦争の戦火を経てきたのではないでしょうか。また、次の刀剣の審査に提出するときにはお願いしたいと思っておりますので、その際にはよろしくお願い致します。。

【新潟県の買取対応エリア】
新潟市(中央区、北区、東区、西区、南区、江南区、秋葉区、西蒲区)、新発田市、村上市、燕市、五泉市、阿賀野市、胎内市、加茂市、三条市、長岡市、柏崎市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市 、北蒲原郡、聖籠町、岩船郡、神林村、関川村、荒川町、朝日村、粟島浦村、山北町、西蒲原郡、弥彦村、東蒲原郡、阿賀町、南蒲原郡、田上町 、三島郡、出雲崎町、北魚沼郡、川口町、南魚沼郡、湯沢町、中魚沼郡、津南町、刈羽郡、刈羽村

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る