山形県の鶴岡のRと申します。この度は刀剣業者専門の交換会(オークション)に私の祖父が収集した刀剣を出品してくださってありがとうございました。私の家は代々にわたって山形県の鶴岡で商人をしておりまして、昔から家には江戸時代からのものと思われる刀や、祖父が骨董の趣味で集めたものが幾つかありました。祖父が亡くなってしばらく経ち、手入れができる者もおらずに錆させてしまっては申し訳ないという思いから、今回、品物を手放すことを決心しました。ちょうど、春先にオークションの大会があったそうですがそちらに出品してもらい、初めにお見積もりして下さった落札予想価格よりも金額が上回って安堵いたしました。
荘内は荘内ともいい、大泉荘内の略で、羽前の田川郡、羽後の飽海郡の総称になります。源義経が奥州落ちのさい通った大泉荘大梵寺とは、大宝寺の訛りで、慶長年間に最上義光がここを領していたとき、鶴岡と改称しました。しかし、元和8年(1622)、酒井忠勝が鶴岡城主となった後も普通は荘内藩と呼ばれていました。
刀工としては、幕末の斎藤清人と池田一秀が荘内からでました。両人とも銘に「大泉住」と切ったものがあります。金工としては、まず大泉正阿弥として知られた伝兵衛重吉、ついで土屋安親が江戸へ出て、「奈良三作」の一人として、天下に名をあげたあと、船田一琴や桂野赤文が現れて、荘内金工之名を高めました。

【山形県の買取対応エリア】
山形市、米沢市、鶴岡市、酒田市、新庄市、寒河江市、上山市、村山市、長井市、天童市、東根市、尾花沢市、南陽市、東村山郡、山辺町、中山町、西村山郡、河北町、西川町、朝日町、大江町、北村山郡、大石田町、最上郡、金山町、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村、東置賜郡、高畠町、川西町、西置賜郡、小国町、白鷹町、飯豊町、東田川郡、三川町、庄内町、飽海郡、遊佐町

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る