太刀 銘 来國俊(来国俊)の長さは、およそ72.2cm(二尺三寸八分五厘)、反りはおよそ2.3cm(七分五厘)で、永仁年紀のものでしょう。

大きく三字の銘が切られているのは目釘孔上の刃寄りの箇所となっています。通常の銘の位置は棟寄りであることから、この箇所の銘は異例ではあるものの正しいと言えます。来國俊の作品には、この形の銘振りとなっているものがいくつも確認されています。

 

造りは鋳造で庵棟、身幅は細く側肉があり小鋒となっています。反りは中反りで茎もそれにならっており、茎尻を細めて栗尻のほか、浅い勝手下がりの鑢目(よみ:やすりめ)になっています。
地鉄は細部に至るまで整った小板目に、地沸が細やかについていて、地景はこまかく見られ、沸映りが確認できます。

刃文の部分は中直刃かつ小乱交じりで、小沸は深く、匂口は冴え、足はよく入り、帽子は直線的になっており、小丸に浅く返っています。

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る