佐賀県に在住するSといいます。肥前刀は私にとっては郷土刀にも相当します。しかし、肥前刀は肌の美しさのほかに見どころがない、という俗説に惑わされたためか、私は肥前刀にあまり関心を寄せていませんでした。しかし近江大掾忠広の豪壮雄大な一口の刀を見て、肥前刀の美しさに心を打たれ、縁あって私も郷土の肥前刀を愛蔵するようになりました。
肥前刀といえば五字忠吉といわれるように、肥前の地名は桃山以降の新刀期に名高いものとなりました。もっとも、南北朝から室町にかけて、筑前左の一統がこの地の平戸に住してかなり隆盛を極めたが、忠吉の名声の前には精彩を放ちませんでした。
二代忠広は慶長19年に父の忠吉が43歳の時の子で、寛永9年に父の死によって弱冠19歳の若さで二代目を襲名、父の晩年銘の忠広を名のるに至りました。俗に二代目の凡夫のそしりを免れ難く、今日まで初代忠吉・三代陸奥守忠吉に比べて軽視の観があります。その理由の一つは、二代忠広は寛永18年に近江大掾を拝命して元禄6年5月28日に80歳の長寿を全うして没するまで、実に60余年の長きにわたって作刀をなし、今日現存している肥前刀の中でその数において随一とうたわれることに由来します。
数多い近江大掾忠広の作品の中で、そのほとんどが特徴として中直刃で変化に乏しく、めぼしいものとして散見しうるのは、食違刃またはほつれのあるもののほか、乱れ刃は珍しく、稀にあっても初代に比して大いに劣ると古来いい伝えられてきました。しかし、私が手に入れた件の忠広は、肥前刀としては珍しく派手な丁子乱れで、匂の深い初代を凌ぐ覇気に満ちたものであります。このような雄大でしかも華麗な肥前刀を経眼したことはなく、従来もっていたわたしの肥前刀観を改めざるをえなくなりました次第です。
お陰様で重要刀剣にも唯一私の名前で指定された愛刀でありましたが、私もそろそろ刀の手入れをすると重く感じるようになって参りました。長年にわたって愉しませてもらった刀には感謝の念に堪えません。

【佐賀県の買取対応エリア】
佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、神埼市、嬉野市、佐賀郡、川副町、東与賀町、久保田町、神埼郡、吉野ケ里町、三養基郡、基山町、上峰町、みやき町、東松浦郡、玄海町、西松浦郡、有田町、杵島郡、大町町、江北町、白石町、藤津郡、太良町

日本刀や刀剣の買取なら専門店つるぎの屋のTOPへ戻る